ある意味崩壊の地元(ステージ)

いやー、9月ですね~。
全然涼しくならないんですけどどうなってるんでしょうか?
そろそろ冷房を使わずに部屋で過ごしたいのですが(窓を開けているにも関わらず32℃)
実家はわりかし涼しかったのになぁ。
30℃いかない日とかあってユートピアか何かかと思いました(ぇ
とまあそんなわけで先週には牢に帰って来てました~。
なのに更新がこんなになかった理由は皆さんのご想像にお任せします(*'ω'*)
課題やったりこっちの友人達と遊んでいただけなのですけども・・・(オイ
この後も1つ飲みの約束がありますしおすし!
良いんだ、地元ではほっとんど何もなかったから良いんだ!!
残り少ない夏休みを楽しむぞい!
・・・課題? なんですか読書感想文とケアプラン作りって?? 変な言いがかり止めてくれます???
とまぁこんなわけで課題もご存命なので遊んでばかりもいられないという次第です。
一番大変だろうと構えていた課題がやっと今日の早朝に片が付いたので、
更新するなら今だ!!と踏み切ったわけです。

こっち戻ってきてから遊んだ人に、
2年ぶりぐらいに会った地元の友人・・・兎君とでも呼びましょうか。
この兎君高校からの友達で、
俺を超進学校メンバーがいる塾へと3年次に導いてくれた人なんですよ。
しかも高校では3年間同じクラスという。
で、わりと苦労人というか破天荒というか(^_^;)
大学1年次の夏休みに大学を自主退学して、
自分で勉強を積み重ねてMARCHの一角に入り直したのですよ!!!
それに至るまでの苦悩とか勉強してた時の話を聴いたんですけど、
これがまた中々凄かったですね、えぇ。
兎君らしいといえばらしいのですが思い切った決断だな~っと。
どうやら最初の大学で過ごしていて何か物足りなさを感じたりとか将来について考えた結果の行動だったらしいです。
うん、普通にすげぇ。
そんでまぁそんな彼に高校のクラスメイトの現状とかを教えてもらったのですよ。
え? 何でお前自身が知らないのかって??
ハハッ、部活と塾と数少ない人しか高校時代の仲の良い人なんていなかったんだよバカヤロー!!!
オタクを迫害する風潮が中学高校とあったから地元の学校は(一部をの人を除き)何をやってもダメ。
今回聴いたのは特に親しくも無かったクラスの人とか学年の人の話です。
同窓会を1回だけじゃなく何回も企画してたとか初めて聴いたぜ、オイ。
とまぁこんな立ち位置の人だった黒風さんです(*'ω'*)
中学も高校も同窓会とか一応誘いっぽいのは来ましたが、
仲の良い方々がいかなかったらね・・・うん。
蜃気楼とランスロットアルビオンと聖天八極式にグラスゴーに乗った玉城が挑むようなものですからね!!!(スパロボの影響)
なんか色々と話のずれてるこの感じ・・・ふふ、ブログを更新してるって気がしてきたぜ(駄
でまぁ聴いた結果半端なかったです。聴いた話を1文にするとですね・・・(何故
妊娠出産スナック経営東京就職に地下アイドルにニート公務員に作曲活動に留年結婚を視野に入れた恋愛可愛いメンヘラ崩壊した学年神話途切れるバスケ部が桐皇化してる・・・もうなんだこれ滅茶苦茶じゃねぇか!!!
しかも何か俺達の代ってどこの高校でも問題児が集まってたみたいです、ハハッ超ウケるww
いや~~~皆色々な人生を歩んでますね・・・。苦労してる人の方がはるかに多いっていうのが「現実」って気がします。
学年で同窓会しようと人集めに頑張ったのに当日200人中十数人しか来なかった時ってどんな気分?? ねぇどんな気分??? NDK? NDK? フェイスブックもLINEもツイッターもあって「俺達仲間だぜ!」みたいな顔してたのにこの様とかどんな気分? ねぇねぇ教えてよ??? 「私達永遠に仲良しだよぉ(はーと)」(笑)とかって言ってたのに関係がどんどんぎすぎすになった人息してる??? ハハッハハハハハハハハ!!!! クラスどころか学年崩壊、実に滑稽じゃないか!!!面白い、面白いよ。最高のショーだと思わんかね?
ハッ、一瞬意識が・・・まるでダークサイドに堕ちていたかのような感覚だ(ぇ
4~5時間ぐらい話してたはずなのにまだまだ話すことがあるとか言ってた辺りどのくらい地元は乱れているのでしょうか・・・。

さて、腐れ乱れた懐かしい地元の話とはちょっと変わってゲームの話。
スパロボをクリアしていないのにスマブラがきてしまいましたよ!!
今は隠しキャラを出すために対戦を繰り返しつつ自分のもちキャラをどれにしようかと思ってるところですw
リンク・ゲッコウガ・ルカリオを主に使ってます~。
まだまだ隠しキャラもいるようなのでじっくりやっていきたいと思います!w
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。