エピソード ハリー・ポッター。

さて、突然ですが過去の話をさせていただきたいと思います。


かつて俺はエレベーターに乗ってきた人に思いっきり驚かれて笑われた挙句に、
「ハリー・ポッター読んだからだ」とかいう謎の捨て言葉の後に高笑いでその場を去られたという経験をしているのですよ。

今日の講義が終わった後、
大して用もないのにサークルの部室に行ってちょっと涼んでたんですね。
話そうと思ってたN先輩も今日はいらっしゃらないようなので、
もう帰ろうと思って部室を出ました。
その後ですよ、
高笑いハリー・ポッターとまさかの再会をとげることになるのは!
部室棟の2階から1階に降りたとこで、
見知った人物が人と話してるのに気づきました。
N先輩です。
軽く会釈して側を通り過ぎようとした時に見てしまったのです。
N先輩が話している相手の顔を。
そう、その人物こそ高笑いポッターだったのです!!
とにかく驚いた俺は、
世間の狭さを痛感するとともに、
明日のサークルでN先輩に事情聴取しようと心に決めてその場を去ったのでした・・・。


まさかこんな事ってあるんですね~w
ちょっと意外なとこが意外なとこと繋がってて笑いが出てきました(ぇ
これは明日のサークルが楽しみだ、うん。
スポンサーサイト

Comment

いましたね~…キリト様が優しい好青年だったから良かったものの、
一歩間違えばキレられて大変なことになるところでしたよねw
その高笑いさんが、まさか先輩さんの知り合いだったとは驚きです!
ここはぜひ、事情聴取の結果を報告してください!w


そうそう、キリト様!某所で観たんですけど…ついに買ったんですね?
記事で「何かゲームを買う」って書いていたのを見て、
「零式買ってくれないかな~」と思っていたのが伝わったのでしょうか!(
これで次に会うときは、協力して高難易度ミッションに挑めますねw

やってみた感じ、どうですかね?割と難易度高めじゃありません?
一応RPGなのでレベルをしっかり上げてから挑めば何とかなるんですけど、
油断するとあっという間にやられてしまうんですよね~。
まぁとりあえず…キリト様が誰を選ぶのか、楽しみに待とうと思いますw
Comment Form
公開設定