有線ではなく無線を使おう。

ガイダンス期間という事もあって気になる科目にどんどん出てるんですけど、
月曜が5コマフルで入りそうになくなったんですよね(ぇ
なんというか色々な科目に出てみて、
単位のとりやすさや興味みたいなのを考慮してみたら、
月曜の2限がちょっと邪魔な感じになってしまいまして(^_^;)
卒業単位を目指すと考えたら月曜2限よりもとりたいのが出来てしまってですね。
そんなわけで月曜は多分フルじゃなくなると思います、多分。
それでも4コマあるので頑張らないといけないわけなんですが(ぁ


久しぶりの講義トーク。
今日の4限に受けた倫理学の教授なんですけど、
最初はコード付きマイクを持って教壇に立とうと必死にコードマイクひっぱてたんですよ。
そのコードの長さはどう見ても教壇まで届きそうになかったんですけど、
引っ張り続けてたんですね。
そしたらコードマイクのプラグ挿してたコンセントのついてる机まで動かしてしまって、
「おぉw 何事も無理はいかん、いかんな。
     でもこれじゃ教壇に立てない・・・ってワイヤレスマイクあるんかい!」
ってことを口走ったのがマイク通して教室全体に響いて面白かったですw
この教授中々やりおるッ!(ぇ




コメント返しです。



お二人には本当に助けられてばかりだと痛感しています。
ここまで親身になってくれるような人が今現在周りに居ないので、
本当に支えになります。
もらってばかりで何も返せてない俺ですが、
言葉をかけてくださってありがとうございます。
本当に、ありがとうございます。
実はコメントが嬉しくて泣いたとかいうこぼれ話もあったりしますです、はい(ぁ





・蒼さん
俺にはどうしてもこの選択が逃げだったとしか思えないのです。
ただ嫌なことに不甲斐ない自分が逃げただけだとしか・・・。


一般企業への就職を目指すっていうのは本音です。
本音なんですが・・・
どうしても親から言われた国家資格を取れって言われたのが頭に残ってて。
それが妙に心に引っ掛かるっていうかなんていうか・・・。
うまく言えなくてすいません(^_^;)
悩んでたどり着いたはずの結論に揺らいでいる自分がいるんです。
それがなんとも言えなくて。


同じような経験・・・されてるのですか!?
なんというか意外です。
思い切って自分の決めた道へと進めば良いのに、
それが出来てないんですよね。
自分には社会福祉士の道は合わないと思ってるのに、
思ってるから一般就職という答えを出したはずなのに、
まだ心に引っ掛かりを持ってるんですよ・・・。
自分の道なのに、親からの言葉が頭に木霊するんです。


得られるものは得ようっていう精神は実はあったりもするんです(ぇ
この学部に居るんだから、
この学部で学べる役立つことは全部吸収して前に進もうって思います。


蒼さんには大変申し訳ないのですが、
自分を責めるなっていうのは俺にとっては無理なんですよね(^_^;)
性格上こればっかりはずっと変わらないっていうかなんていうか・・・。
本当にごめんなさいm(__)m
励ましのコメントをいただいてるのにこんなこと言ってしまって。
申し訳ないです。

本当に少しずつなんですが、
資格等についてはゆっくり動き出してたりもします。
あまりにもゆっくりすぎて駄目だしくらうぐらいなんですけども(ぁ
そうですよね。
親を納得させるには俺が頑張るしかないんですよね。
努力を示すしかないんですよね!


毎回悩んだ時困った時にコメントをくださって本当にありがとうございます!!!
感謝しっぱなしです。
なのに俺は何も返せなくてすいません。
本当にすいません。
応援ありがとうございます。
お互い精一杯やっていきましょう!!



・LAMPさん
軌道修正が出来るうちに、
手遅れにならないうちにと考えて今回こういう結論にたどり着きました。
社会福祉士は諦める・・・そういう答えを出したつもりだったんですけどね・・・。
頭には何故か社会福祉士の文字があるんです。


何となく失敗する。
正にこのビジョンが見えたんですよ、俺には。
一番なっちゃいけないようなビジョンが見えたのです。


今の社会の就活状況とかもなんとなくですが分かってるつもりです。
一般企業だって決して容易ではない、ってことも。
だからこそしっかりと就職や資格の進路を定めるなら早い方が良いと思ったのです。
少なくとも2つ目の連中の様に、
一般企業の方なら就活も楽だろ、なんて考えは微塵も持って無いつもりです。


大丈夫ですよ!!
寧ろ言ってくださってありがたいぐらいですw
しっかり言ってくださる言葉だと分かってます!


脅すなんてとんでもないです!!
それに解決策は本当は自分で見つけるべきものでしょうしw
応援ありがとうございます!
就職したばかりで大変なのにコメントしていただいて申し訳ありません。
本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定