夏だ!花火だ!お祭りだ!!

一昨日は高校の近所であったお祭りを卓球部で楽しんできましたよ~。

出店や浴衣、神輿に花火と祭りの王道を楽しみました。

残念ながら他の高校に行った友達とは会えませんでした。
代わりに、会いたくない同じ高校の女子に会いました(苦笑

部活が終わってから一旦各自解散して、集合時間を決めて近くの大型ショッピングセンターで待ち合わせだったので、待たせるのも悪いだろうと思って予定の1時間半前に集合場所に到着w
さすがに早すぎたのか誰も来ていない・・・。
仕方が無いのでてきとうに店内をぶらついていると、浴衣姿のおねーさんやおにーさんだらけ!
それに浴衣姿のカップル!!

べ、別に、うらやましくなんかないんだからねっ!(心の声

カップルのことではなくて、浴衣のことです(ぇ
保育園の時の行事で着たぐらいなんですよね~、浴衣
着てる人を見るのも好きなんですが、自分で着てみたい気もするんですよね~、浴かt(ry

しばらくぶらついていると携帯に電話が!
部活メンバーだと思って見てみると・・・非通知・・・。
恐る恐るでてみると・・・Oぐちゃんでしたw
内容は、待ち合わせ場所に誰も来てない、とのこと。店内に居るから直ぐに行くよ、と伝え俺は集合場所へ! ・・・・・・・・・・・・・Oぐちゃんどうして非通知設定にしてんだろ?(ぇ

Oぐちゃんと合流してだべっていると今度はメールが!
Mざき君からで内容は、移動するのダルイから入り口で女子のOさんと待ってる、とのこと。
集合場所を離れるのはマヅイだろうと思いながらも、Mざき君の所へ。
自転車置き場に一番近い入り口だから、ここに居れば他の人とも会える。ってMざき君の言葉で、急遽勝手に連絡もせず集合場所を変更!(オイ
ホントに大丈夫だろうか、という俺の不安を吹っ飛ばすかのようにMっち&Hせさん合流ww
そして集合時間10分前には先輩達も合流し、いざ祭りへ!!

会場に行く途中(みんな徒歩です)・・・・・間に会話が無い!!(ぇ
男子同士、女子同士では会話しながらも共通の話題で話すことはほとんどなし。
この空気を変えようとしてくれたのか、S田先輩とM音さんが話し出しその会話にMざき君Oさんが加わる!!
男女間に、光差す道(会話)がうまれーーーーー・・・
ませんでした(苦笑
そのまま4人だけの世界が、俺達の重い空気を代価に錬成されてました。

会話の弾む4人! 俺とMっちOぐちゃんの男子連合! F先輩&Hせさんの女子連合!
今、三つ巴の戦いが・・・(ねーよ
そんな感じの中、ついに会場に到着!

出店から漂ってくる良いにおいに、男子連合の食欲が解き放たれハンバーグを売っている出店に向けて、トランザムで突撃!
美味しくいただきました。

その後は色々な出店を見て回ったり、神輿を見たり、逃げ回ったり、みなさんお友達と会ったり、で徐々にテンション上がってきたーーー!!(笑
・・・・・・・・・1つ変なのがあるって?
気にしたら負けという言葉があってですn(ry
簡単に言うと、会いたくない人と会ったからみんなで逃亡した(酷い 、ってだけの話なんですが、逃げる時のみんなのテンションやら会話が面白かったんですw

ある程度お祭りを楽しみ歩きっぱなしだったため休むために、少し離れた河川敷の堤防(?)に。
全員てきとうに座り出店で買ったものを食べていると、また重たい空気に・・・。
そこで、少し前からS田先輩に言われていたとある計画を実行することに。
その計画とは・・・・・空気が重くなったら、だれか一人女子(Hせさん)を誘い、祭りに行け! というなんともハードルの高いものですw

いざ実行にうつす時、と先輩から指令が。
その指令を華麗にスルー出来なかった俺!(苦笑

いやぁ、だってその・・・・いざ誘うとなると緊張しません?

やっぱ無理です! 言ってみましたが、「この空気を変えてくれ」と・・・。
しぶっている俺を見たMっちが「黒風、一人で誘うの恥ずいなら一緒に行くぜ!」って言ってくれまして・・・・・こうなりゃ行くしかねぇな!!的なノリになった俺は、Hせさんに

俺「あの・・・俺&Mっちと出店見て回りません?」
(俺の心の声)「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ」
Mっち(小声)「直球勝負!?」

Hせさん「・・・・・・良いけど・・・」

俺「あ・・・えっとマジっすか」
(俺の心の声)「良かった・・・・・。でも、男二人女一人って普通に考えると変なのか?」
俺の考えを払拭する、

Mっちの「それじゃぁ、行きますか!!」の声。
俺「ま、楽しみますか!」

Hせさんが女子の先輩方やOさんに「あの・・・行ってきます」と言ってました。

俺やMっちはS田先輩から手招きで呼ばれ、
「お前ら部活の時もHせさんとあんまり話さないだろ? だからたまには話して来い!」
背中を押されました。・・・・俺達の事考えてくれてたんだなぁ~(嬉


そして、俺&MっちはHせさんをダブルエスコート(意味不 して出店へ!
行くまでの河川敷ではHせさんが俺達より少し前を歩く。
肩にかけるタイプの鞄を持つHせさんを見ながら俺とMっちは小声で・・・・

Mっち「さっき先輩に言われて気づいたけど・・・俺達ってHせさんと共通の話題あったっけ?」
俺「無いな(苦笑) 普段やまメガネ以外にはツンデレからデレをとったような人だからな」
Mっち「どうする?」
俺「・・・・・・彼女にデレの成分があることを願おう」
Mっち「打つ手無しか!」


そして俺達が何か話題を考える前に・・・祭り会場に着きました。
近くで聞こえているはずのお囃子や太鼓の音、会場に居る人達の楽しそうな声が、やけに遠くに聞こえた気がしたーーーーー・・・・・!!




果たしてこの後俺達はどうなったのか!?


スイマセンがこの話・・・続きます(ぇ
あったことをそのまま書いているので、大して面白くも無いgdgdな感じになってますが(苦笑
思い出しながら書いてると楽しくなってきちゃって(オイ

出来れば、次の記事も読んでもらえると嬉しい限りです。





コメント返しです

・レオナさん
先輩方を見てても大変なんだなぁ~ってのが分かります。
一日8~10時間・・・そうなったら勉強嫌いの俺は発狂すると思いますw
個々の力ですか・・・塾にまで通わせてもらっているので、なんとか頑張って結果を出したいと思います!
スポンサーサイト

Comment

No title

コメントではお久しぶりです黒風さん!
最近更新頻度が落ちていたので寂しかったっす!

あの・・・この祭りのお話が私にかなりツボですwww
こんな物語、私には今のところ無いっすからw
次回に期待してますよ!恋が実りますように・・・(殴
Comment Form
公開設定