50万人の従僕よ。

どうも今晩は黒風です。
皆さん寒い冬をどのようにお過ごしでしょうか?
私は布団と無事に婚約を済ませ、
愛人であるこたつとの浮気を繰り返す日々です(ぁ
家に帰ったら二人共あったかく迎えてくれるんだぜ、
最高かよ・・・!


さて、本日は映画の感想二本立てですので、
興味のある方は追記からどうぞなのです。
作品は「傷物語」と「相棒」の二本です。

・傷物語―冷血編―
首は飛ぶは手足は飛ぶはで中々のグロさでした。
R指定も納得なんだぜ!
話の内容的には笑えるエロ要素以外はドシリアスになっており、
前二作と同じ感じです。面白い。
この作品に関しては今までのシリーズとか前作を見てない人にはオススメできないので、
もっぱらファン向けだと思います。
物語シリーズを追っかけてる人とかは是非ですが、
新規さんは辛いかななんて思ったり。
羽川さんのエロに興味のある人はどうぞですが・・・(ぁ
・・・羽川さんは珍しくショートの方が好きなヒロインだ。

・劇場版相棒Ⅳ
面白い!!!!!
流石のクオリティです!!
黒幕の正体が本編での右京さん達より先に分かりました(ぁ
今回のはちょっとヒント多めだったように思うのよね。
話の内容は毎度のことながら考えさせられるものでした。
国とは?
人とは?
正義とは?
観てる時だけでなく、
見終わったあとも胸に何とも言えないしこりを残す、
THE相棒って感じの雰囲気で私は好きです。
後ヒロインがエロい、そこはかとなくエロい(ぇ
・・・傷物語の時も言った気がするんですが、
ヒロインのエロさ目当てに見ても良いのではないかと。
肌キレイで黒髪で幸薄そうなのが好きな人にはたまらんと思います(オイ


とまぁ毎回のことながら書きなぐった感じですが、
今回はここら辺で。
多分次の土日も一度は更新すると思いますのでまたその時にでも。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定