フリー禁止バトン

少し前にディヴィーナさんよりいただいたバトンです。
前貰ったバトンの方も結構時間たっちゃってますが、答えさせていただこうと思っていますので!(遅すぎ

Read more...

スポンサーサイト

4セット目で潰せていれば・・・!

ルルーシュ日曜日の試合・・・惜しかったな


アーサー最終セットまでいってあの状況から逆転されるなんて・・・


ルルーシュ次に向けて頑張るんだ! みんなだってよくやったって言ってくれてただろう


アーサー落ち込んでても駄目だな・・・


ルルーシュそうだ。今は全力で練習に取り組め!!


アーサーよっし! テンション上がってきたぁぁぁーーー!


ルルーシュその意気だ! (今日は傷を負わずに終われたな)

Read more...

期待したのはエンドレス!

アーサーお久しぶりです!


ルルーシュ初めてじゃないか? 一週間も更新しなかったのは


アーサー色々と大変だったからね~


ルルーシュ夏休みラスト一週間、英語と読書感想文が残ってる状態で遊びだすのが悪い!


アーサーく、返す言葉が無い・・・! ならば・・・武力行使だ!!


ルルーシュ待て! ならばの意味が分からn・・・ヤメロ、オイ! ちょ、が、前回と同じ終わr

Read more...

祝3000Hit!

3000Hit!!
相互リンクさん、コメントしてくれた方、見に来てくださってる方々、一度でも見に来てくださった方、
本当にありがとうございます!!
最近では更新回数もかなり減ってきていますが、マイペースに乱文雑文を書き続けていきますので、よろしければ今後ともお付き合い下さい!

3000Hitなわけですが・・・
2000Hitや1000Hitの時同様にこれといって企画などはありません(苦笑

ですが今回は・・・・・
なんと!
特別ゲストが来て下さっています!!

Read more...

クーラードリンクに頼りたい

気づけば8月ですか~。

蝉たちの鳴き声が夏を象徴してるというか、うるさいというか(オイ

何もしていないのに汗をかいたりして飲み物を手放せない時期っすね!


こんな暑い中、俺は1時間ほどかけて自転車で高校まで部活しに行ってます。
バスや車で乗せてってもらうという方法もあるのですが、俺のプライドが許さねえ!夏休みということで部活の後友達とかと長く話したり遊びに行ったりするので、徒歩よりも自転車の方が移動が早くて楽で良いだろう、ってわけで自転車で行ってます。

それで自転車で行ってるわけなんですがね・・・半端なく暑く汗をかきます!!
いやまぁ、こんな暑い中自転車こいでれば当たり前なんでしょうけど・・・。
高校に行き着くまでに、持って行くスポーツドリンクを半分くらい飲みそうになりますからね(汗
途中の自販機とかで買う、ってこともたまにはするんですが、これはお財布に優しくないんですよね(苦笑

それにしてもこんな暑いと・・・・・クーラードリンクが飲みたくなりますw(ぇ
きっと体のしんまで冷えきって異能をロストした大神みたいに・・・なりませんね(当たり前
丁度コンビニかどっかで発売されてるらしいですしね!
探すのがダルイですけd(ry


・ゲームの話
一昨日に テイルズオブバーサス が発売されましたね~。
買われた方はモリモリとプレイされていることでしょう!
俺はですね、そろそろ ディシディアテイルズオブハーツ の購入を考えようかと。

「今頃なの!?」

約一ヶ月ぶりの天の声ですね(黙れ

ホント今更感がありますが、発売から半年以上経ったことですし値段の方も3000円を切ったのではないかと思いまして!

買ったら買ったで、スターオーシャンのように積みゲーになる可能性もありますが・・・(ぇ




霊さんへの私信返信です。

Read more...

ダブルエスコート 二人の執事とお嬢様!?(違

間が空いてしまいましたが、前の記事の続きです。


近くで聞こえているはずのお囃子や太鼓の音、会場に居る人達の楽しそうな声が、やけに遠くに聞こえた気がしたーーーーー・・・・・!!



実際はその場に居るので遠くに聞こえるわけがないのですが(ぇ
俺&Mっち、Hせさんの3人で出店を見て回る事になって・・・

俺「それじゃぁ・・・どうする?」
Mっち「そうだな・・・Hせさんどこか行きたい所は?」
Hせさん「・・・どこでも・・・端っこから順番に」
俺&Mっち「行きましょう!!」

Hせさんの提案で端っこから順番に行く事に。最初はカキ氷の屋台へ。
河川敷の時と同じように前を歩くHせさんを見ながら小声で・・・

Mっち「見て回るとして・・・知り合いに会ったらどうする?」
俺「あくまで・・・ボディーガードですから・・・で通す!」
Mっち「無理だって!・・・どっちかというと俺等は下っ端的ポジションだろ」
俺「だな~・・・どうすっかなぁ」

そんな事を言っていると屋台に到着。
着いて一番にMっちが 「毎年食べてるんだよな~ここの。・・・ちょっくら行って来る!」
ハヤテ疾風の様な速度で列に並ぶMっち。取り残された俺とHせさん。重たい空気。

俺「えっと・・・・あ!、俺まだHせさんの下の名前知らないんですけど・・・」
(俺の心の声)「話すことがあっ・・・・って失礼過ぎじゃん俺!!」
俺「なんかスイマセン」
Hせさん「いや・・・別に・・○○って名前なんよ。漢字は・・・・・・・(説明してくれてる)」

説明の途中で、オレンジ味のカキ氷を片手に持ったMっち帰還。
そのカキ氷をなんとなく見ていると

Mっち「黒風・・・食べるか?」
俺「良いの!? それじゃ、ちともらうぜ!」

カキ氷に食らいつく俺。
片手に持ったスプーンで遊ぶMっち。
そんな俺達を見るHせさん。

俺「・・・なんかスイマセン」
Mっち「男同士だから出来たことだけど・・・ゴメンナサイ」
Hせさん「別に・・・行こ・・」

なんとなく微妙な空気のまま出店を見ていく事に。
俺&Mっちだけが話すことになるのか・・・などと考えていたんですが。
↓出店を見て回ってる時の会話など。
(俺が黒 Mっちが緑 Hせさんがピンクです)

「焼き鳥一本100円!? 高いな・・・」
「でも、お祭りだとこんなもんじゃないか?」

「ちょ、はちまき 売ってるんだけど!」
「あれは はしまき だ!!」
「ん?・・・・・あ、ホントだ。はしまきって何さ?」
「お好み焼きの事だと思うけど・・・」
屋台に近づいてみると・・・本当にお好み焼きでした。
俺&Mっち「おぉ~~~!!」Hせさんに拍手w

「にしても・・・知り合いとあまり会わんな~。俺が眼鏡してないから、分からんだけかもしれんが」
「そういわれれば・・・俺も会いたい友達とは会ってねぇな」
「私も・・・。出来れば、あまり会いたくもないけど・・・」
俺&Mっち「俺達と一緒だからですか!?」
「そんな意味じゃないよ! お祭りだからかな・・・」

↑の会話の後 小声で↓
「昔お祭りで何かあったのかな?」
「もしかして俺達地雷踏んだ?」
「ダイジョウブだと言い聞かせるんだ」

端から見て回った出店も最後になりかけた頃・・・
「あ・・・唐揚げ・・・」
「えっと・・・食べたいですか?」
「うん・・・ちょっと買ってくる」
「待って下さい!! 俺達が買いますよ!」(紳士的笑顔)
「え・・・! でも・・・」
「誘ったのは俺達なんですから、少しぐらいカッコつけさせてください」
「気にしないで待ってて下さい」

この日最高の名言がMっちの口から飛び出し唐揚げの屋台の列へ。

「Mっち・・・俺は君をスゴイと思う! 尊敬するぜw」
「結構真面目に言ったんだけど・・・良かったか?」
「ナイスプレーだったw」

二人で金を出し合い買った唐揚げを手にHせさんのところへ。

「ありがと・・・でも良かったの?」
「気にしないで下さい」
「どうぞ食べてください」

唐揚げを紙コップから手で取ったHせさん。
そして唐揚げを、俺とMっちの手に1つずつ。

「お礼・・・」
俺&Mっち「あざっす!!!(ありがとうございます)」

俺達の心が優しさと唐揚げで温まり始めた時に・・・突然の雨!
これはマヅイ、と全力で先輩方の居る河川敷までダッシュ。
貰った唐揚げはすぐさま口の中へ。

本当は走りながら唐揚げ食べてたんでモゴモゴ言ってたんですが、分かりやすく↓
「なぁ、Mっち」
「何だ?」
「さっきカキ氷食べたよな・・・唐揚げ熱いよな・・・口大丈夫か?」
「安心しろ。死にそうだ!!」

わりと本気でMっちの口が心配な状態で先輩方と合流。
みなさんはもう傘をさされていて、「お~無事だったか~」と。
それで俺達も急いで折り畳み傘を開くことに。
俺&Mっちは直ぐに傘を開けたんですが・・・Hせさんが中々傘を開けずにいたんですよ。
そしたらMっちがさりげな~くHせさんの頭上に傘を。
俺はMっちの頭上にさりげな~く傘を。
出来上がった相合傘状態! の 俺とMっち(苦笑

「・・・・・俺でゴメン」
「いや・・・気にするな」
「雨・・・・止まないね・・・?」
「無理して(Hせさんの)口調を真似るな・・・」



中途半端な感じですがこれで終わりです(ぇ


この後は、みんなが傘をさしてから数分で雨が止んだので、歩いて集合場所に戻って解散しましたよ~。
集合場所から家まで車で帰るためむかえを待つ俺、Mざき君、Hせさんの3人と、どうせなら最後まで残っとく精神のMっち、の4人で電気の落ちたゆ○タウンの自動ドア前で22時過ぎぐらいまで喋ったりもして楽しかったです!!w
男3・女1・・・やましいことは何一つしてませんよ(死ね



コメント返しです

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。